美白の天敵といえばシミですよね。

一言でシミと言っても実はさまざまな種類がある事をご存知ですか?

シミの種類の中でも、最も多いのが日光性黒子(にっこうせいこくし)というシミです。

どういうシミの種類なのか?また、発生する原因と簡単な予防方法についてもご紹介します。

日光性黒子とはどういうシミの種類か?

日光性黒子は、紫外線の積み重ねによってできるシミです。

日光性黒子のほか、老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)、日光製色素斑(にっこうせいしきそはん)などの別名があります。

歳を重ねるにつれ、紫外線のダメージが積み重なり、年齢を重ねるにつれ濃くなる傾向にあります。

茶色から黒色に近いシミであり、最初は1cm前後で色も薄いのですが、放置していると色が濃く歳と共に大きくなっていきます。

また、色が濃くなることで肌とシミの境界線も明確になることから、目立ってしまう特徴もあります。

紫外線を多く浴びる箇所にできるため、顔であれば頬、顔以外に、手や腕、背中など体全体にできるという特徴もあります。

日光性黒子が発生する原因はメラニン

先述の通り、日光性黒子ができる原因は長年の紫外線の積み重ねです。

紫外線を浴びることで、肌にメラニンが生成されます。

本来メラニンは、紫外線から肌の細胞を守るために体の中で作られ、肌のターンオーバーのタイミングで自然となくなります。

しかし、紫外線を浴び続けるとメラニンが増加しすぎるため、ターンオーバーしても無くならず、肌に残ることでシミの原因になります。

日光を浴びすぎず、浴びた後はメラニンの生成を抑制することで、日光性黒子を予防することができます。

日々のメラニン対策で予防を!

外出していれば、紫外線はどうしても浴びてしまいます。

もちろん全ての紫外線は防ぐことができないので、日光をたくさん浴びたあとはメラニンの生成抑制対策をしておきましょう。

ビタミンCにはメラニンの生成を抑制する効果が期待できるため、野菜や果物を毎日定期的に食べるのも良いでしょう。

また、日々のスキンケアも重要です。

毎日ケアし続けることで対策ができるので、スキンケアアイテムを毎日欠かさず使用しましょう。

美白コラム