思春期の時から気になってくる「そばかす」

大人になってもそばかすが気になっている方がいると思います。

そもそも、そばかすってなになのか?また、どういう原因でそばかすは濃くなっていくのか?

対そばかすが発生してしまった場合濃くならないための対策方法についてもこのページでご紹介していきます。

今そばかすが気になっている方は、是非ご覧ください。

そばかすはシミの一種

そばかすは、漢字で書くと「雀斑」と書きます。

正式名称は「雀卵斑(じゃくらんはん)」といい、うずらたまごの殻に似ていることからそのような名称が付けられた様です。

そばかすは、1-4mm程度の小さな薄い茶色の斑点がほっぺたや鼻の周りに多発する症状です。

実は、そばかすは、先天性的なものであり、遺伝が原因で発生すると言われています。

そのため、家族でそばかすが多い家族がいると、遺伝する可能性があります。

色白で乾燥肌の人が紫外線に当たることで濃くなる

そばかすの対策方法ですが、遺伝が原因で発生するため、そばかすの発生を防ぐことは、專門のレーザー治療でないと難しいです。

しかし、発生を防ぐことはできないからといって、紫外線を多く浴び放置しておくとどんどん濃くなっていきます。

これは、紫外線がメラニンを発生させるため、遺伝で発生したそばかすが濃くなってしまうんですね!

肌の色が白い方、また乾燥肌の人は特にそばかすが目立ちやすくなります。

遺伝で発生してしまうのは仕方がないですが、そばかすが濃くならない様に日光を浴び続けないことと合わせてメラニンの生成を抑え、肌をこまめに保湿し続ける事をおすすめします。

メラニン対策で予防を!

残念ながら、そばかすは遺伝してしまうため、そばかすの発生を防ぐことは難しいでしょう。

しかし、そばかすを目立たなくする努力をすることはできます。

先述の通り、紫外線に浴び続けない・乾燥を防ぐ・毎日のスキンケアをすることで、メラニンが濃くなる事を防ぐことができます。

メラニンの生成を抑制する成分を配合した医薬部外品のアイテムもあるため、そちらを選び毎日のスキンケアをしましょう。

美白コラム