シミ一つない透明感のある肌は、女性なら誰もが憧れると思います。

シミができないように、さまざまなスキンケアを毎日している人も多いと思いますが、保湿をするだけでシミケアはできるのか?

気になっている方も多いと思います。

このページでは、保湿でシミケアができるのか?シミができてしまう原因と合わせてご紹介します。

シミが気になる方や予防したい方は、参考にしてみてください。

シミができてしまう原因はメラニン

シミはどのように発生するのか?

原因は、紫外線を浴びることにより発生する、メラニンにあるとされています。

紫外線を浴びると、肌の中でメラニンが生成されます。

本来メラニンは、紫外線から肌の細胞を守るために体の中で作られる成分です。

細胞を守るために作られ、肌のターンオーバーのタイミングで自然となくなります。

しかし、紫外線を浴び続けるとメラニンが大量に作られ、ターンオーバーしても無くならず、肌に残ることでシミの原因になります。

紫外線を浴びることで、メラニンが過剰に作られることが、シミの原因なんですね。

肌が潤っているとメラニン対策ができる

保湿とメラニンの生成量には、深い関係があります。

肌の水分量が少なく乾燥していると、肌のバリア機能が低下して紫外線のダメージを多く受けてしまいます。

そうすると、メラニンがたくさん生成されてしまい、シミの原因になってしまいます。

逆に、肌の水分量をしっかりと保ち保湿をきちんとしていると、肌のバリア機能が正常に働き、紫外線のダメージをある程度緩和してくれるので、メラニンの生成量を減少させることができます。

そういう観点から、毎日の保湿ケアはシミケアにつながるといえます。

シミケアに保湿は重要

保湿とシミケアの関係についてはご説明してきました。

毎日の保湿ケアはとても重要ですので、保湿力の高い商品を選んで毎日スキンケアをしましょう。

保湿と合わせてシミケアできる成分が配合されている商品もおすすめです。

メラニンの生成を抑制する成分が配合された医薬部外品のアイテムもあります。

保湿成分+メラニンの生成抑制成分が配合された化粧品で毎日のスキンケアを行うとより高い効果が期待できるでしょう。

美白コラム