10代20代の時はそこまでスキンケアをしなくても肌トラブルなんてなかったのに、30代にはいると急にシミや小シワが気になり始めた…

そう感じている30代の方も、多いのではないかと思います。

具体的には、30代になるとお肌のキメが粗くなったり、肌全体がぼやっとくすんだ感じになったり、あとは肌自体にハリがなくなり、目元や頬にたるみなどを感じる方が多くなります。

30代に入ると代謝が落ちることによりターンオーバーの周期が伸びてしまったり、肌の水分量が減少してしまったりするため、このような肌トラブルが発生してしまうんですね。

ですので、今までのスキンケアから少し違った30代のスキンケアが重要になるので、方法をご紹介します。

保湿を意識したスキンケアが重要

先述のとおり30代になると代謝が落ち肌の水分量が減少してしまうので、10代、20代と比較するとより肌が乾燥してしまいます。

外気が乾燥する秋や冬には、特に「あれ、お肌が乾燥している…」と感じる人も増えてくると思います。

肌が乾燥した状態で紫外線を長時間浴びると、メラニンが生成されやすくなります。

メラニンがたくさん生成されると、肌がくすみ、シワやシミができる原因になります…

ですので、30代を超えたら特に「保湿」を意識してスキンケアしましょう。

オールインワンジェルでのスキンケアは、楽でコスパ的にもいいので使用している方もいるでしょう。

しかし、保湿力でいうとやはり、化粧水や美容クリーム、乳液と役割に合わせて使用した方が、より本格的に保湿ケアをすることができます。

30代になれば、いままでより時間をかけて丁寧なスキンケアをすることをおすすめします。

メラニンへの有効成分配合美容液を選ぶ

また、選ぶ化粧品も少し気をつけて見るのも良いでしょう。

美白という観点で見れば、保湿も重要ですが、メラニンの生成を抑制することも大事です。

具体的には、

  1. トラネキサム酸
  2. アルブチン

この2つの成分は厚生労働省からメラニンの生成を抑えると認められた成分ですので、いづれかの成分が配合された商品であれば、ケア効果が期待できますよ。

これらを気にしてみながら毎日のスキンケアをしてみてはいかがでしょうか?

美白コラム