50代の女性で肌トラブルに悩んでいる方は多いでしょう。

一気に肌の乾燥やたるみに悩む方が一気に増えて来るかと思います。

これは、閉経により女性ホルモンの分泌量が減少することが原因です。

女性ホルモンは、肌の弾力を保つための水分量を増やす働きがあり、肌にハリみずみずしさを与えてくれます。

閉経により女性ホルモンが減少すると、肌を支えていた水分量が減少するためたるみやシミが目立つ様になる他、肌の乾燥も目立つ様になります。

また、肌の乾燥により、30代40代では目立たなかったシミがどんどん濃く大きくなっていくといった肌トラブルも発生します。

この様に、50代になると一気に肌トラブルが増加してしまうので、このページではそれらをケアするためのスキンケア方法についてご紹介します。

特に肌が乾燥してくるので保湿に気をつける

女性ホルモンの減少により、肌の水分量は著しく減少していきます。

ですので、保湿ケアはとても重要になります。

50代を超えたら特に「保湿」を意識してスキンケアしましょう。

化粧水や美容クリーム、乳液と役割に合わせて使用し、本格的に保湿ケアをすることができます。

オールインワンジェルを使ったスキンケアは、楽でコスパ的にもいいですが、上記と比較すると保湿力は低いため、時間をかけて丁寧なスキンケアをすることをおすすめします。

また、シワが気になる場合は、スペシャルケアアイテムを使用するのもよいでしょう

パックや部分ケア商品を使用すると、気になる箇所を集中的に保湿できるのでおすすめです。

肌への刺激は極力なくし、マッサージで肌の代謝を高める

保湿も重要ですが、肌に刺激をを与えないことも重要です。

洗顔の時にスクラブなど肌の表面に傷付ける様なことや、40度以上の高温で洗顔するのもよくありません。

手できちんと泡立ててから38度前後のぬるま湯で洗顔しましょう。

また使用する化粧品にも注意が必要です。

界面活性剤という添加物は肌に刺激が強いため、化粧品を選ぶ際は界面活性剤など添加物が極力配合されていない化粧品を選びましょう。

また、スキンケアをする際は、顔に塗るタイミングでマッサージをすると良いでしょう。

年齢と共に代謝が落ちるため、ターンオーバーの周期が長期化し肌のくすみの原因となります。

50代のスキンケアは、肌への刺激をなくしマッサージで代謝を高めるスキンケアを心がけましょう。

十分な保湿ケアで美白ケアを!

50代になると一気に肌質が変わる人もいます。

体の変化によるものなので仕方がない部分もありますが、年齢に合わせた正しいスキンケアをすることで、少しは予防することができます。

当サイトでは刺激が少ない、ケア化粧品をご紹介しているので、是非参考にしてみてください。

美白コラム