研磨剤のメリットとデメリットとは?

美白対策といえば、化粧品で対策をしようと考える人も多いと思います。

しかし、対策は化粧品だけではありません。

体の中からケアがすることが大切。

そのために、野菜を食べることはとても大事です。

ではいったいどのような野菜や果物を食べるべきなのか?ご紹介したいと思います。

野菜を食べて体の内側からケア

透き通る様な白い肌は、誰もが憧れますよね。

しかし、歳と共に肌がくすんできたり、紫外線を浴びる事で肌が黒くなってしまい美白とは遠くかけ離れてしまいます。。

日焼け止めやケアするための化粧品で美白ケアすることができますが、体の中からはケアできませんよね。

そこで登場するのが野菜です!

実際にどのような野菜を食べればケアができるのか?ご紹介していきます。

リコピンの効果と配合野菜

数ある野菜の中でまずおすすめなのが、トマトです。

トマトにはリコピンが配合されていますが、このリコピンはとても優秀な成分です。

紫外線に当たると肌の中で、メラニンと呼ばれるシミやくすみの原因となる酵素が発生します。

リコピンにはこのシミの原因となる、メラニンに対するケアが期待できるので効果的といえるのです。

リコピンは脂溶性であり、加熱することで吸収率が高まります。

生で食べるより熱調理した後に食べるとよりおすすめですよ。

ビタミンCの効果と配合野菜

ビタミンCを配合した野菜もおすすめです。

紫外線に当たるとメラニンが発生すると説明しましたが、ビタミンCにはチロシンという成分が配合しており、メラニンが変化する前に抑制してくれる効果があるとされています。

化粧品にビタミンCが配合されているものが多いですが、これは外側から美白ケアをするために配合されているんですね。

夏野菜には多くのビタミンCが配合されています。

ピーマン・ゴーヤ・芽キャベツ・ブロッコリー豆苗などに多く配合されているので、積極的に摂取したいですね。

美白コラム